toggle
BLOG
2015-01-05 | その他

2015年もよろしくお願いします


昨年は途中からブログが更新できませんでしたが、時間を見つけて過去の出来事も記録として残しておきたいと思っています。
今年も様々なプロジェクトを予定していますので、丁寧に向き合えるように取り組んでいきたいと思います。

2014-12-20 | 執筆・講演

高齢期の住まいを考える


12/7に関西匠の会の家づくり大学の一環で「高齢期の住まいを考える」というテーマで1時間半お話をさせていただきました。
30名ほどの方に参加いただき、関心の高さを実感しました。
12/20には大阪府の技術者向けのバリアフリー研修会の中で福医建研究会の住居改善事例の紹介を少しさせていただきました。
 

2014-11-30 | 設計監理

水周りなどのリフォーム


奈良県生駒市にて戸建住宅の水周りのなどのリフォームの設計監理をさせていただきました。
築20年の住宅ですが、水周りを使いやすくするということ、収納の見直しなどの機能向上と、外壁や屋根のメンテナンスとしての塗装などをまとめて行いました。水周りの間取り変更を行うということで、構造のチェックも改めて行っています。
空家となったものを大胆にリノベーションするという内容ではないですが、かえって計画を立ててメンテナンスいくことの大切さを感じました。

2014-10-30 | 設計監理

阿倍野のマンションリノベーション

阿倍野のマンションリノベーションが昨年年度末に引き渡しのため、竣工時に写真が撮れなかったのですが、その後訪問させていただき撮影しました。
リビングも2面から採光できるように間仕切りを変更してWICを部屋の中心に配置しています。
窓は木製の二重窓でマンションのアルミサッシのイメージを消しています。部屋と部屋の間のスペースも廊下にしてしまわずピアノコーナーとしました。

このリノベーションは、購入したマンションの水周り以外の主な部屋の間仕切りを変更し、いわゆるマンションらしくないよう、明るいリビングにしたいなどの要望から提案しました。
3面に採光が採れるプランを活かすことと、子育て期のご家庭だということも考え、最終的に部屋の中心に大きめのウォークインクローゼットを取り、回遊性のあるプランにしました。
無垢材のフローリングや漆喰による仕上げでマンションらしくない内部空間になっています。

2014-05-20 | 執筆・講演

近畿大学建築学部建築家展


2014年5月20日~6月28日まで非常勤講師を務めている近畿大学建築学部にて、私の仕事を展示させていただきました。
建築の仕事へのイメージを広く持ってもらえればと考えました。

2014-02-01 | 執筆・講演

バリアフリー研修


1/31(木)に大阪住まいの活性化フォーラム主催の「高齢者・障がい者向け住宅改造相談のための研修」がありました。
その講習をNPO法人福医建研究会が委託を受けていたのでテキスト作成と一部事例の紹介を行いました。
バリアフリーを目的とするリフォームが適切に行われるように予備知識や方法について紹介する内容でした。

2014-01-27 | 設計監理

堺の住宅調査

 先日、これから改修予定の木造住宅について、調査を行いました。
調査は住宅医ネットワークに依頼し、地盤調査も含めると総勢16人で
1日をかけて行われました。

 写真は左上から、(左上)押入れから小屋裏に入るところ、(右上)2階床を開けて床組を調査、(左下)1階床組・基礎、(右下)柱の角度を確認している、様子です。
 既存建物を改修設計する場合は、いままでどうしても開けてみないとわからない、という部分があり、現場が始まってから変更をざるを得なかったり、工事内容が増えてコストが上がってしまうということがありました。
 きっちり調査を行うことで事前に隅々まで調査し、それを設計に活かしたいと思っています。
今回は耐震改修を行うこと、高齢期に向けて予め準備することが改修の動機ですが、改修によるメリットはいままでの住み心地を比較しながら改善していけることがあると思います。
そのためにも元がどうなっていたのかを知ることは重要です。
 

2014-01-07 | その他

2014年ご挨拶


1/6(月)より通常業務行っています。
新たな気持ちでプロジェクトに取り組んで行きたいと思います。
本年もよろしくお願いします。

2013-10-25 | 執筆・講演

建築人・二井清治インタビュー

 
 私が先日インタビューと編集に関わった記事が、大阪府建築士会の会報誌「建築人10月号」に掲載されています。
 今回の特集は事務所独立前に5年間、お世話になった建築家・二井清治氏へのインタビューでした。日々働いているときには改まって聞けないようなことや、一度離れた立場になると視点が変わって見えてくることもあり、勉強になりました。
下記リンクからPDFが閲覧できます。
1 2 3 4 5 6 7 8 17