toggle
BLOG
2018-08-17 | BLOG, その他

耐震改修の必要性~大阪北部地震の応急危険度判定から~

調査に訪れた住宅でもブロック塀が崩れていた
2018年6月18日に大阪北部地震が起こりました。突然の強い揺れ、さらに激しく揺れるかと身構えたのですが、比較的短時間の揺れで治まりました。上町台地にある自宅は震度4程度で、家の中は少し物が倒れた程度でしたが、仕事場のエレベーターがその日は止まっていたり、各所で被害が見られました。交通網が麻痺していたのもあり、子供の保育所は休み、仕事の予定もキャンセルという状態でした。
地震の翌週に建築士会を通して応急危険度判定の依頼を受け、被害の多かった茨木市に2日間応急危険度判定に行ってきました。2日間で20軒弱の住宅の判定を行いましたが、危険と判定した住宅も5軒程ありました。見て回った範囲では揺れによって外壁にクラックができている、瓦、特に棟瓦がずれたり落ちたりしているという被害多いようでした。液状化など地盤に関わる被害というものはありませんでした。
窓下の外壁が剥落した状態
被害の傾向としては瓦葺き、湿式の外壁の被害が多かったですが、それらは新耐震以前に建ったと思われるものばかりでした。また周囲の建物は外観上被害がないのにその家だけが被害を受けているという例もいくつかありました。周囲も被害を受けている状況ではお互い様で気をつけようとなりますが、ある家だけ被害が大きいとその家が倒れてくるのが怖い、前を通っていて落下物がないか心配という近隣の方が多かったようです。応急危険度判定は市に判定依頼が来て派遣されるのですが、回ったうち2軒は空き家で近隣の人が連絡して見てほしいというものでした。
住宅の耐震化が進むと耐震化していない家、管理されていない家は周囲に迷惑をかけるかもしれない家という認識が進んでいるように感じました。「大きな地震が来たときには、自分はもういい」という考え方では済まさないということです。
もう一つ実際の被害を見て思ったのは、軽い外壁のクラックなどの被害が生じているものをどう考えるかです。命を守るということが第一ですが、補修するのに数十万から100万円以上かかると思うとそれも大変なことです。新築はもちろん改修の場合でも偏りなく固くする、また、ある程度揺れに追従できる仕上げ、納まり、補修しやすさなどについても考えさせられました。
南海トラフ地震が30年以内に起こる確率が70〜80%と言われる今日、旧耐震基準のままの住宅はやはり耐震改修をしておく必要があります。そして耐震改修するのであれば温熱改修、バリアフリー化、将来を見越した改修を検討することをおすすめします。

(参照リンク)高齢期を見据えて耐震、断熱、バリアフリー改修を行った事例
百舌鳥の家

2018-04-29 | 設計監理

造付け壁面収納

新築マンションに住まわれた方から収納の相談を受けていました。最終的には奥行き深めの壁面収納を制作することになりました。
もともと壁面収納が充実していたのですが、奥行きが浅かったので衣類や布団がウォークインクローゼットでは納まりきらなくなっていました。収納が足りなくなるのはよくある話で、断捨離できず結果的に一室が納戸になってしまう例はよくありますよね。
壁面収納は大工工事と建具工事でも作ることはできますが、工事期間が数日かかってしまいます。今回は家具工事として予め部品を作っておいて一日で組み立てるという方法を取りました。住みながらの工事は住まい手にとって負担がかかりますし、マンションなどの場合、工事の音で近所迷惑にもなりかねません。

壁一面の収納で、部屋としてもすっきり保てています。

中はコートやスーツを収納しておけます。反対側の扉はハンガーパイプが2段で上下に収納可能です。

一部、細かいものを収納しておけるような可動棚になっています。左側に棚板を移動させることも可能です。上部は普段使わないものをしまっておけるざっくりした収納スペースです。

この右下の扉はご主人のアイデアの・・・

クリーニングに出すYシャツを溜めておける引き出しです!中に袋がセットできるようになっていて、それをそのまま取り出してクリーニングに出しに行けます。ワイヤー式のバスケットを引き出すようなものもありますが、今回はご主人の提案でそのままクリーニングに持っていけるようにしました。
その他既存の収納にぴったり合うワイヤーバスケットを制作したり、住まいというハコを個々の住まい手にとってより快適に使えるようにする提案でした。

戸建て住宅のリノベーションー解体工事

昨年春から堺市内で計画を進めていました戸建住宅のリノベーションの現場が始まりました。築約20年の住宅で、外壁目地にすこし割れが生じてきていたり、大規模修繕をそろそろしておいたほうがよい時期でした。外装の改修に合わせて今後生活しやすいように間取りの変更なども行います。
将来的には1階だけで生活をすることになるという前提で間取りを計画しています。大きくは便所や水回りの位置を変更します。また戸建て住宅でもマンションでも1室が納戸状態になっているというのはありがちなことですが、今回はウォークインクローゼットを複数確保し、効率よく収納できるように改修します。
ハウスメーカーの鉄骨造の住宅ですが、内部を解体してみると躯体はきれいな状態で保たれていました。雨漏りなどが起こってからでなく早い時期に手を入れられることは躯体を健全に保てるので理想的です。

2018-01-02 | BLOG, その他

2018年謹賀新年

2018年は5日(金)より始動しています。
本年もよろしくお願いします。

ライフステージに応じたリフォーム


11月18日に茨木市にて「ライフステージに応じたリフォーム」というタイトルで講演をさせていただきました。現在、行政でも空家の管理や活用を促す取り組みを行っていますが、その関連のセミナーの一環でした。
H25年の住宅・土地統計調査によると大阪府における空家率は14.8%と約6戸に1戸が空家となっているそうです。それらの空家のうち約3分の2が賃貸や売却用のもので残り3分の1が賃貸も売却も予定していない住宅で管理が不十分になりがちということです。
以前に改修設計・工事監理をさせていただいたapinaも統計上はそこに当たることになりますが、現在はとても有効に使っていただいています。
apinaのホームページ

2017-09-22 | 設計監理

企業主導型保育所が竣工しました

大阪市浪速区にて設計監理を行っていました企業主導型保育事業所が竣工しました。
<企業主導型保育事業>
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/gaiyo.html

幾つかのパターンがあるそうですが、今回は保育事業者が保育所を整備して、保育事業者が企業と契約、その従業員の子供を受け入れるという形になります。企業としては従業員に子供ができても安心して働ける環境と確保できます。
ただし入所定員には地域枠というのがあり、企業と関係なく地域の子供も通うことができるそうです。
整備に対して補助があるため、複数の施工会社への工事見積り依頼、内容調整や申請用資料作成についてもお手伝いさせていただきました。
WORKSに建物の説明を追加しました。
・保育園ツースキップ
その他このプロジェクトの関連記事
・保育所現場の無垢フローリング
・企業主導型保育事業の工事が始まりました

2017-07-14 | 設計監理

保育所現場の無垢フローリング

現在工事中の保育所現場にて無垢フローリング材を採用し、施工してもらっています。
裸足で過ごすので触感のよい素材を使いたいところです。
無垢のフローリング材は木が呼吸し調湿効果もある一方で伸縮します。
写真のように縦横方向共に名刺程度の厚みの紙を挟み、ある程度隙間を確保して張っていきます。

2017-07-01 | 設計監理

新事務所開設しました

6月から徐々に引越しをしていましたが、ごく近くの新しい場所で業務を行っています。
日中の業務は新オフィスである内平野町オフィスで行っています。
新たにスタッフも加わり、また場所も他事務所とシェアしていますので、刺激を受けながら、よりよりものを作れるように努力していきたいと思います。
詳しくはCONTACTをご覧下さい。

2017-06-30 | 設計監理

企業主導型保育事業の工事が始まりました


今年に入ってから計画・用途変更その他の申請を行ってきた企業主導型保育事業の内装工事が始まりました。現在は既存のテナント内部を解体し壁や天井の下地を作っているところです。場所は大阪市浪速区で南海難波駅等からも近く便利なところにあります。

「企業主導型保育事業」は保育事業者と一般企業が契約し、企業に務める従業員の子供を保育します。出産、子育てしながら働きづつけることができる環境を提供する、新しい保育制度です。
認可並みの助成が受けられ、保育料も認可並みとすることができるそうです。そこに地域枠というものもあり定員の半分までは地域の子供も受け入れることになっています。

工事中の保育所は、主として大きい子の保育室と小さい子の保育室という構成でそれに便所等水回りが付属してきます。

また、この保育所は体調不良時対応型の病児保育事業に対応する予定です。
これは登園してから熱が出た子供をその日は預かれるという事業で、医務室が準備されています。

「熱が出ています。すぐ迎えに来てください!」
私も何度も経験ありますが、その日だけでも預かってもらえると予定も調整しやすく助かりますよね。

1 2 3 4 5 17