toggle
BLOG
2011-10-23 | 設計監理

パンツの置き場考

突然ですが、普段パンツはどこに置いていますか?

下着のパンツのことです。

考えられるのは、洋服とおなじ場所のクロゼット(以下クロゼット派)、もしくは脱衣室(以下脱衣室派)です。少し気になったので、周囲に聞いてみました。結果は27人中クロゼット派が20人(74%)、脱衣室派が7人(26%)です。
クロゼット派の意見
・ふつうそういうものだと思っていた。
・自分のものは自分で管理する。
・脱衣室に置き場所がない。
・脱衣室に置くと湿気が気になる。
脱衣室派の意見
・使う場所に使うものを置くのが合理的。
・日々使うものなので、湿気を感じたことはない。
ちなみに回答者の属性は、30代15人(56%),40代3人,50代3人,60代3人,20代2人,80代1人です。年齢による差異は伺えませんでした。また、回答者のうち建築関係者は17人。脱衣所派はすべて建築関係者でした。
以下は考察です。住宅に内風呂が普及したのは1970年前後(※1)です。それまでは銭湯でした。また、内風呂が普及しても部屋として脱衣室がつくられるのは、1980年前後(※2)からです。現在のような形になったのはここ20-30年のことなのです。
今回、脱衣所派がすべて建築関係者だったのは、職業上これらの変化を感じ、自らの暮らし方も変えていったのかもしれません。
ものの収納の仕方は、話題に挙げて人と話をする機会も少ないので、自分の方法がごく当たり前と思っているのですが、実はいろいろと考え方があります。
もちろん、人によってこだわりのポイントが異なる部分でもあるので、一概に何が正しいとは言えないのですが、住まいのかたち、家族のあり方など少しずつ変化しています。ものの在処の「理由」についていま一度考えてみると、新たな住まい方がでてくるのかもしれません。

※1)1970年の内風呂普及率が50%
※2)UR賃貸住宅の住宅平面において、建設年度1980年を前後して、カーテンで区切るのではなく脱衣室として設けられている。
ちなみに湖山の家では脱衣室にパンツやタオルを入れておける家具を作りました。(右側の取手が少しだけ見えている扉です。)
また、玄関のシューズクロークにはコートなどを掛けておけるパイプハンガーを予め設置しています。
2011-09-08 | 設計監理

カフェリノベーション解体工事

奈良のカフェリノベーション計画の解体工事に立ち会いました。

壁、天井の仕上げを剥がした状態になると空間のボリュームがわかりイメージしやすくなりました。
屋根が谷になって水が集まる部分は大雨のときに漏水していたようで、腐食とシロアリに食われている部分がありました。そういった材料の入れ替えなども一度解体してみないとわからないところです。
また、後々メンテナンスできるように天井点検口をつけておいた方がよいなど、現場を見ていると次々とやるべきことが出てくるものです。
まずは、現況図を作成して構造補強の計画とそれを踏まえて計画の調整を行っていきます。
せっかく現場に来たので周辺を歩いて、帰りに箱本館「紺屋」に寄って帰りました。
近くがこのような町屋のある場所なので、まちの見どころの一つになるような、いいリノベーションにしたいです。
2011-09-07 | 設計監理

住宅改修の調査

NPO法人福医研の快居の会として相談依頼のあったお宅へ調査に伺いました。


60代後半の女性で脳卒中で倒れて左マヒになり、現在退院して自宅で生活されている方です。
当日はOT(作業療法士)の先生が訪問される日であったので、現在できる生活動作など実際に見せてもらいながら説明や意見をお聞きしました。
単純に四点杖で歩けるといってもはじめの2,3歩は股関節が痛むとか、台所になんとか立ててもその状態で片手で作業を繰り返しするのは大変など、単純にできる、できないと決めてしまうことは難しいようです。
運動機能がまだ回復している段階で、年齢的にもまだまだ動けるので、再びいきがいを持って活動しやすいように改修できればと思います。
実は全国大会にも参加したというほど料理が得意だったそうなので、もう一度料理を作るという希望を叶えてあげられればと思っています。
2011-08-24 | その他

夏山縦走

 

お盆休みに立山~五色ヶ原~薬師岳と縦走してきました。
山の上は涼しく、今回は天気もよくリフレッシュしました。
2011-07-31 | 設計監理

町家カフェ

大和郡山市内で郡山城の外濠内の地域で町家を改装してカフェにする提案を行いました。
周辺地域の情報を調べていると一日観光したくなるようなところです。
天井裏や内装仕上げを剥がしてみて構造を確認してからの検討することも多いですが、
町家の雰囲気を残しつつ新しい空間にできればと思っています。

2011-06-16 | 設計監理

デイサービスの事前協議

 堺市内で計画しているデイサービスの事前協議のためにNPO法人の方といっしょに大阪府へ行きました。

前回の打ち合わせと担当者が変わっていてまったく引継ぎがされていないというのが驚きでした(笑)。事前協議は無事終わったものの、2012年4月以降になると申請が堺市に移譲されるということでしたが、日本財団の助成の関係もあり時期的にはそうなってしまいます。
同じような協議を繰り返しその度に違うことを言われるのだけは避けたいものです。

(後日記載)
2011-05-21 | 高齢期住宅

「福祉医療建築の連携による住居改善研究会」の記念講演

 今回は、北が参加している特定非営利活動法人「福祉医療建築の連携による住居改善研究会」の例会の記念講演で、大阪市立大学 三浦研先生の講演に行ってきました。お話しされた中で、印象深かった2点の話を紹介します。

■個室ユニット特養の経緯と現在の状況

2002年にユニットケアが制度化され約10年経過し、取り巻く状況が変容してきている。導入時から熱が冷めて、いくつかの議論が起っている。

1.低所得者が入所できない。
2.従来型運営者の反発。
→ユニット型であっても、必ずしもよい事業所であるわけではない。従来型でもよい事業所もある。
3.介護従事者の確保が困難。
→リーマンショック前は、景気が良くて人員確保が課題だった。
4.制度化のパラドックス
→制度化することにより、よくない事業所も参入する。
5.地方分権一括化法案により、居室定員は参酌すべき基準となった。

1.については、従来型よりユニット型のほうが建設費が格段に高くなると考えがちであるが、実際には必ずしもそういうわけではない。

厚生労働省 国立保健医療科学院 井上由起子氏の研究によれば、1床あたりの延べ床面積は、
    従来型(10.65m2) 44.7m2/床
    ユニット型(13.2m2) 54.7m2/床
であり、差は10m2である。

建設費において、従来型の方が仮に坪単価5%安くなると見積もって、
    従来型(10.65m2) 1000万円/床
    ユニット型(13.2m2) 1300万円/床
となり、劇的に増えるわけではない。

これに対し、居室代として請求される金額は、
    従来型(10.65m2) 6万円/月
    ユニット型(13.2m2) 1万円/月
になっている。

これは、ユニット型に要求されている職員配置が、
    従来型 利用者2.52人:職員1人
    ユニット型 利用者2.04人:職員1人
とされており、この人件費を反映した介護報酬となっていないため、居住費で人件費をまかなっているという状況である。

建設費で見ると従来型もユニット型も大差はない。従来型は2002年以前に建設されたもので、多くは建設費の3/4程度の補助金があり、建設費は償還されているためこの金額で成立していると考えられる。

したがって、低所得者も入居できるようにするためには、1室あたりの面積を下げる(13.2m2→10.6m2)ほか、ユニット定員を増やす(10名→12名)ことが効果的である。

■高齢者住宅/施設の床のやわらかさ

老健や老人病院では、職員や入居者が運動靴などを履いている場合が多い。一方、小規模多機能やデイサービスでは、スリッパや靴下のことが多い。高齢者にとって、靴を履いて食事をしたりくつろぐという状況では、自宅であると感じることが難しいのではないだろうか。運動靴などになるのは、移動距離が長いことと床が固いことが起因していると考えられる。

床が固いと転倒したときに大腿骨骨折などにつながる可能性が高い。RCの床よりも二重床にしたり、木造などの場合、床の衝撃性は柔らかくなるという結果がでている。床が固くなるのは、車いすを前提にして、床に耐久性を求めてしまうためである。
座位を低く保つことにより、密度の高い居合わせ方が可能となり、車いすを使わない=ハイハイなどの移動を可能とすることができる。このためにも、木造のフローリングや畳などの柔らかい床が望まれる。

—-

以上が、三浦先生の講演の内容の一部です。いつも感心するのですが、三浦先生の講演では、すべて根拠となる数字が示されていて、納得させられます。
ちなみに、木造床のデータは、ほのぼの旭ヶ丘の家のデータもありました。柔らかいという結果が出ていました。木造の方が暖かみがあって家庭的だと普段感じていることが、数字に裏付けられると説得力が増していきます。

2011-04-07 | 設計監理

湖山の家 竣工

3月中に建物本体は竣工して引渡しをしていたのですが、
天候の影響などで外構工事が残っていて最終のカーポートの屋根工事が終わりました。
雪が積もる地域ですので
鉄骨製のしっかりしたカーポートを建てています。
内部の写真も撮らせてもらって、
あとは別工事になっている植栽工事のみです。
撮らせていただいた写真を数枚。
平面的には広くないのですが、光を取り込む吹き抜けと中庭に面していることで広がりを感じられるリビングです。
ダイニングは天井高を押さえて落ち着いた場所に。窓越しに中庭の緑が見えます。
2階の廊下からも中庭と木の葉が見える予定です。
中庭に植物が入ると各部屋や廊下から見えて気持ちのよい庭になると思います。
2011-04-03 | 設計監理

水まわりのリフォーム

以前に断熱リフォームを行った住宅の追加工事をしてもらいました。
目的は
・介助してトイレを利用できるようにする
・現在洗面などを行うのに浴室の水栓しかなく寒いし不便なのを解消する
ということで
・トイレのドアと袖壁を撤去(カーテンを吊る)
・鏡台を置いていたスペースにコンパクトな壁掛洗面器と鏡を設置する
という工事をしてもらいました。

水まわりは毎日使うところで、すこし手を加えるだけでだいぶADL(日常生活動作)が向上するので
一度見直してみるのはよいかもしれません。

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 17