toggle
BLOG
2012-04-20 | 設計監理

大和郡山・町家カフェ「さくら舎」工事着工

今週から大和郡山市にて計画を行なっていた町家カフェ改修工事が着工しました。

それまでにお店の名前も「さくら舎」に決定しました。
「舎」という文字を選ばれたのに店主らしい想いが感じられます。
工事の方は引き続き解体工事と新たに壁を作る部分の基礎と土台の設置、腐食していた土台と柱の取り替えなど構造的な箇所の工事が行われています。
現場との打ち合わせでは床仕上げ高さや構造の補強内容などの確認を行います。
奥から入口側を見た様子。
梁補強で新しい材が添えられています。
雨樋からの水漏れが原因と思われる湿気でシロアリに食われていた部分を取り替えています。
近くには創業400年にもなるという菊屋本店。ほかにも雰囲気のある建物が並んでいて、周辺は一日観光できる場所です。
2012-04-20 | 設計監理

堺デイサービス 内装工事

 デイサービスの工事が月末引渡しに向けて終盤です。
内装ペンキ部分の塗装が進行中で、引き続き天井などクロス張替え部分が行われます。
フローリングはすでに張られて養生中です。
この部屋は奥が相談室、手前が機能訓練室となりますが、
よく陽の当たる場所で庭も見える気持ちのいい場所です。
大工工事による家具の設置も進んでいます。
建具屋さんにこの家具の扉を設置してもらいます。
もともと、4畳半の部屋が浴室・脱衣室になっています。
陽あたりや風通しもよい場所です。
浴室の壁パネルや床タイルなどの仕上げ工事は終わり、あとは設備機器を設置です。
手すりなどの位置は最終的に確認を行い設置する予定です。
2012-04-01 | 設計監理

堺デイサービス 下地・外構工事

 堺のデイサービスの工事が進んでいます。

現場の様子と改修のポイントを少しずつ紹介していきます。
建物内へのアプローチですが、
ここは一段あたり10cm程度のゆるやかな階段とする予定です。
改修で十分な長さのスロープをとれることはほとんどなく、スロープがとれたとしても車椅子以外の高齢の方にとっては斜路がかえって困難になることも多いので、段先の色を変えて注意喚起しつつしっかり一段一段上ってもらう階段にします。
玄関デッキから段差なしで中に入ってもらえるよう下部に段差ができないバリアフリータイプのサッシに変更しています。小さな段差は大きな段差より意識が薄くなって、かえって事故が起こりやすいので注意が必要です。
もともとの浴室は家庭用としても現在の標準より小さい浴室だったので、介助して入浴しやすいように4.5帖の部屋だったところを浴室と脱衣室に改修します。
この建物は構造がプレキャストコンクリート造で壁を用意に変更できないのですが、もとの建物のイメージを継承しつつ、より雰囲気を作れるように間仕切壁の角にアール加工をしてもらっています。
2012-03-16 | 設計監理

堺デイサービス解体・下地工事

 堺のデイサービス改修工事が始まっています。

建物としてのメンテナンスが必要な部分、
デイとして使用するために整備が必要な部分、
そして新たなイメージを作っていく部分と、いろいろなまとめていく要素があります。
構造はプレキャストコンクリート造で間仕切りを変更できるところは少ないですが、
水周りは使用頻度が高くなるので広く使いやすく整備していきます。
2012-02-08 | 設計監理

工事見積書の共通費について

現在、実施設計を行った図面をもとに、数社に見積りを依頼し、提出された見積書の内容を精査しています。

クライアント(施主)に見積書を見てもらうとき、便器・照明・家具などの費用はわかりやすいのですが、共通仮設費などいくつかに分かれている、いわゆる共通費についてはその内訳がわかりにくく、実際、住宅規模の工事では会社によって計上の方法が違うこともあります。
ここでは平成23年版公共建築工事共通費積算基準を参考にしてその内容をまとめてみました。

共通仮設費(直接仮設、仮設)

共通仮設費は工事を行うための下準備や一時的に設置するものの費用です。例えば、敷地測量・地質調査費・仮囲い・現場事務所・仮設便所・安全対策費・近隣対策費・工事用電気水道などが含まれます。

現場管理費(諸経費)
現場管理費は現場を管理・運営するのに必要な経費です。労務管理費・各種申請料・保険料・交通費・通信費などが含まれます。
住宅規模の工事の場合は、次の一般管理費等とまとめて諸経費とされている場合も多いです。

一般管理費等
一般管理費等は、その会社の運営費が含まれます。本社社員の給料・賞与、会社の光熱費・通信費・税金・宣伝・広告費など全てが含まれます。
住宅メーカーや工務店の設計費用・見積料はこの部分に含まれていることが多いです。
一般管理費等は工事費の何%として計上されるのは理解できますが、その他は項目立てされて、内訳がある方が透明性があり好感が持てますね。
2012-01-17 | イベント

福医建例会「パーキンソン病 日常生活上の工夫」

 1月14日(土)に千里山の関西大学月が丘住宅にて福医建研究会例会があり参加しました。

今回のテーマは「パーキンソン病 日常生活上の工夫」で、作業療法士の藤原太郎さんによる3回シリーズの最終回となる講習でした。
概要として
・50~60歳で発症が多い
・発症率は1000人に1人
症状は
・筋肉がこわばる
・動作が遅くなる
・手などが震える
・姿勢が保てなくなる
原因は
・中脳から出るドーパミン(神経伝達物質)が減少することにより体への司令がうまく伝わらなくなること
症状により5段階に分類され、ゆっくり進行する傾向にあるが、改善することもあるそうです。今日ではこの病気が原因で死ぬことはなく、それだけにより日常生活の工夫が望まれます。
パーキンソン病の方は、いままで無意識でできていた動作が特に意識しながらでないとできなくなったり、複数の動作を行うことが難しいそうです。
工夫のポイントとしては
できるだけ単純な運動
ひとつひとつの動作を確実に→目印や音
心理的にリラックスできる→運動と感情のつながり強い
早めに動作や環境を変更→繰り返し慣れることで習得も可能
が挙げられていました。
手すりにしてもトイレの動作位置の目印として、または移動する目標としてなどの使用のされ方もあるそうです。
また部屋でも床をしっかり確保することは大切で、障害物や床の仕上げの切り替えで足の動作が小刻みになってしまい転倒の可能性があるとのことです。
(施設の廊下で床仕上げの色を規則的に変えて、それを目印に歩きやすくなったという事例の話もありました)
パーキンソン病は服薬により症状の変化が大きく、量や時間など細かい調整を要し、それゆえに、住宅改修などを行うとしてもどの状態のときの日常生活動作ができるように改修するのかを確認する必要があるようです。


2012-01-09 | 設計監理

賃貸マンションのリノベーション

 先週末、賃貸マンションのリノベーションについてのプレゼンテーションを行いました。

既存の賃貸マンションの間取りをより魅力あるものに改修することで、他の賃貸マンションと価格で競争するのではなく、他とは違うものとしたいという要望でした。
賃貸の場合は居住者の希望を聞いて作るとはいきませんが、ある程度居住者像を想定して、住戸全体を機能的に回遊できるプランを提案しました。
クライアントより自分が住みたい(笑)と言っていただいたので、これから金額的な調整がつき実現できれば、と思います。
2011-12-11 | 設計監理

土地探し

 現在、高松で新築を予定しているご家族と土地探しから関わらせてもらっています。

土地探しから関わらせてもらう場合は、この場所でどれくらい大きさの建物が建つのか、思っていることが実現できるのか、などについて事前に検討できることがメリットです。
一般的には不整形で土地であまり条件がよくない土地でも、その家族の要望には応えられるという場合もあります。
また要望やイメージについても共有しやすいので、できるだけ早い段階からある程度時間をかけて相談するよう心がけています。
2011-11-30 | 設計監理

完成イメージ

 計画の中で必要に応じてパースなどを作成して完成のイメージを伝えますが、

現在進行中のプロジェクトより紹介です。

■町家の改修のカフェの内観イメージ。
■デイサービスセンターの近隣の方への説明に。
1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 17